東映アニメーションミュージアムに行ってきた

2018年7月28日にオープンした東映アニメーションミュージアム、企画展で「プリキュアあそべるひろば」をやっているので行ってきました。

池袋から西武池袋線に乗り、大泉学園で下車。

改札を出るとHUGっと!プリキュアがお出迎え。期待が膨らみます。

駅前には 日本アニメの発祥の地と宣伝しており、鉄腕アトム(手塚治虫)・銀河鉄道999(松本零士)・うる星やつら(高橋留美子)等のブロンズ像と説明プレートがありました。

800メートルほど歩いて T.ジョイSEIBU大泉の向かいに東映アニメーションミュージアムを発見!!

入口では年齢、男女、どこから来たか、誰と一緒かを記入しゲストパスをもらい、よく見える位置に貼ります。

ゲートをくぐるとペロがお出迎え。ペロは東映アニメーションのシンボルです。「東映まんがまつり」で手にあせ握る冒険活劇「長靴をはいた猫 80日間世界一周」を観ましたわ。(現在Amazonプライムで観れます。)

よく見ると後ろにネズミキャラがいます。かわいい。

建物内に入ると、がっつりプリキュアです。総勢55人の等身パネル。圧巻。

バックに記念撮影できるよう立ち位置を指定しています。

キュアアムールに食いつく小さなお友達多数。いやー、世のお子さまはキュアアムール(ルールー)大人気だと確信。

撮影禁止のエリア(オフィシャルHPから転載)では「輝く未来を~抱きしめて!」の絵コンテ指示が見れます。これで1時間酒が飲めるレベル。

また変身バンクの画をパラパラして見れたり、アーカイブを楽しめる巨大タッチパネルスクリーンがあったりと楽しめます。巨大タッチパネルスクリーンは小さなお友達が優先かなと思い遠慮しまくって触りませんでした。

生憎の雨でしたがテラスもいい感じ。

プリキュアのぼり(タペストリー)。これで入場無料っすよ!すごいお得、楽しめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA